和の身のこなし講座

 日本人が文化として育んできた正しい身のこなし・所作・立ち居振る舞いは、

美しいばかりではなく、実は健康においても大切な要素がありました。

しかし、現代では便利になった事などが理由に、身体を正しく使うという意識

が薄れてしまい、ほとんどの方が、その大切さに氣づけなくなっています。

今一度、先人の方々の知恵を活かしていく時代になったと感じています。

自分の身体を自分で整えるということ

『立つ』『歩く』『座る』

が最も大切な作法の基本として位置づけられてきました。

鎌倉時代より武家を中心に、殿中での振る舞いとして、様々な約束事が生まれましたが、基本的には命を守るために、普段の生活の中で足腰を鍛えるための鍛練法でもありました。

 

 

お辞儀・礼

礼儀作法として、日本人が一番大切にしている動作です。

このお辞儀の動作を正しく行うことで、肩・首の緊張が取れて

負担のかかっていた腰・股関節の痛みが取れたり、ひざのゆがみ

ねじれが真っ直ぐになって、スッキリとした姿勢になります。

 

お辞儀とは、『屈体の礼』を指します。

真っ直ぐに背筋を伸ばし、上体が屈体してこそ、相手の心に響く

お辞儀になります。

           三つ指をつくだけでは、お辞儀とは言わないのでお間違え無く!笑

和式のトイレ

最近では、洋式のトイレが主流になってきましたが、

駅のトイレで和式を使えず、和式が空いているにも

関わらず、洋式の長蛇の列になっていることがあり

ます。

本来ならば、この体勢になれる身体が、柔軟性や

バランス感覚、脱力など、さまざまな身体に必要な

能力でもありました。

ところが、ひざの痛み、股関節の柔軟性が失われて

普段の生活もままならないという状態になっています。

これらの動きをもう一度できる身体へとリセット!

痛み・ゆがみ・コリ・疲労を取る!

 

以前できていたことが、できなくなってしまった身体には、疲労が溜まっています。

まずは、疲労をリセット!

そのために、誰もが楽にできる『寝転ぶ』という動作を利用して、気持ちよく身体をほぐしていきます。

『脳疲労』『身体の疲労』『心の疲労』を取り除いていきます。

呼吸・血行・リンパの流れ、新陳代謝が良くなり、ムリなくダイエットして、スッキリと健康的な疲労しにくい身体・姿勢になっていきます。

専用枕で行う≪ピロートレーニング≫

和の身のこなしを身につけられる身体にするために、専用枕を用いたピロートレーニングで、まずは感覚を磨いていきます。

自分の身体を第三者に預けるのではなく、自らの感覚を呼び覚ますこと。

氣愛道としています。自らの身体を愛して、氣を配る。

もとの氣の状態(源氣)にしていくことこそ、当サロンの理念です。